2012-08-26 19:50 | カテゴリ:メンテナンス
昨日オイル抜いておいたKLX250のオイル交換作業の全行程終了w日陰のできる夕方から昨日の続きを再開したけど暑かったw(;^ω^ゞ≡3 ヤレヤレw

昨日夕方にツーリングから帰宅後、温まってるうちにオイルを抜いて、フィルターを外しておく事に。

Mainte_KLX250_120826_171029.jpg
↑エンジン底部にある廃油口。
ドレンボルト頭のサイズは14mm。
エンジンカバーとフレームに挟まれててストレートレンチでは回せないのでラチェットレンチを使用。
レンチで緩めたら、オイルが漏れでないようにボルトを押さえつつ指で回して、最後にさっと外す。
失敗するとボルトと指がオイルまみれにw

Mainte_KLX250_120825_175844.jpg
↑ボルトを外した後。
まとめて流れ出る時間はそれほど長くない。
後は、車体立てたりゆすったりして、できるだけオイルを抜く。

Mainte_KLX250_120825_174801.jpg
↑オイルが抜けやすくなるのではないかと、一応オイル注入口のキャップも外す。

Mainte_KLX250_120825_180416.jpg
↑オイルフィルター室の蓋を外す。
蓋のボルト頭のサイズは8mm。
右側はストレートレンチで取り外せたけど、左側は回せる角度が狭いのでラチェットレンチを使用。

Mainte_KLX250_120825_180513.jpg
↑オイルフィルターを抜く。
フィルター室の奥に転げ落ちてるスプリングも忘れずに回収し、残油も拭き取る。

Mainte_KLX250_120825_182438.jpg
↑ここまでで日没直前になり、残オイルも出なくなったので廃油口、注入口、フィルター室を一旦閉じて終了。
残りの作業は翌日持ち越し。

続きます。


にほんブログ村 バイクブログへ ランキングにご協力頂ければと(^ω^ゞ
関連記事

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://44p1khtrooper.blog.fc2.com/tb.php/45-d230d7a5